イヌの老年性初発白内障の進行を防止

ライトクリーン®

イヌ老年性初発白内障進行防止剤 動物用医薬品 犬用

製剤写真

ライトクリーン

  • 拡大写真
黄色澄明(溶解後)
剤形
点眼液(溶解後)
容量
点眼液用顆粒87mg 溶解液15mL
添付文書
pdf(280kb)

製剤詳細

特 性
1)水晶体の水溶性蛋白の変性等を抑え、水晶体の透明性を維持させることにより
   白内障の進行を抑制する(in vitro
2)実験的白内障モデルに対して、白内障の進行防止効果が認められている(ウサギ)
3)イヌ老年性初発白内障に優れた臨床効果を示す
   承認時[有効率(不変以上)89.0%(65例/73例)]
使用成績調査(市販後)[有効率(不変以上)87.1%(210例/241例)]
4)承認時及び使用成績調査における総症例429例中5例(1.17%)に副作用が認められた
主な副作用は、結膜充血4件(0.93%)、流涙1件(0.23%)、眼瞼充血1件(0.23%)であった(再審査終了時)
組 成
[顆粒]
1包(87mg)中ピレノキシン0.75mgを含有、添加物としてタウリン、ホウ砂及びホウ酸を含有
[溶解液]
添加物としてホウ酸、イプシロン-アミノカプロン酸、パラオキシ安息香酸メチル、クロロブタノール、塩化カリウムを含有
効 能
効 果
イヌ老年性初発白内障
用 法
用 量
顆粒を溶解液に用時溶解し、1回1〜2滴、1日3〜5回点眼する。
包 装
(点眼液用顆粒87mg・溶解液15mL)×1
使用期限
製造後3年
※効能・効果、用法・用量、使用上の注意等の詳細については添付文書をご覧ください。

更新情報

[添付書類変更のお知らせ]2014年8月 pdf
添付書類を変更しました
2012年4月
2011年11月の添付文書を基に作成しています。

ページのTOPへ