イヌの結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、ぶどう膜炎の治療に

ステロップ®

抗炎症ステロイド点眼剤 動物用医薬品 犬用

製剤写真

ステロップ

  • 拡大写真
  • 包材写真
白色
剤形
乳濁点眼液
容量
5mL
添付文書
pdf(716kb)

製剤詳細

特 性
1)イヌの眼科領域の抗炎症剤として、日本で初めてのステロイド性抗炎症点眼剤である
2)急性結膜炎およびぶどう膜炎などの、各種実験的眼炎症に抗炎症作用が認められている
3)イヌの結膜炎、角膜炎、眼瞼炎に高い臨床効果を示す
[有効率(有効以上)93.1%(94例/101例)]
総症例106例の調査では、副作用は認められなかった
4)イヌのぶどう膜炎に高い臨床効果を示す
[有効率(有効以上)96.2%(25例/26例)]
総症例32例中2例(6.3%)に副作用が認められた
副作用の内容は、点眼時刺激症状1件(3.1%)、眼圧の上昇1件(3.1%)であった
組 成
1mL中ジフルプレドナート0.5rを含有
添加物として濃グリセリン、ホウ酸、ポリソルベート80、エデト酸ナトリウム水和物、ソルビン酸、ヒマシ油、酢酸ナトリウム水和物、水酸化ナトリウムを含有
効 能
効 果
犬:結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、ぶどう膜炎
用 法
用 量
1回1〜2滴、1日4回点眼する。
包 装
5mLx1、5mLx10
使用期限
製造後3年
※効能・効果、用法・用量、使用上の注意等の詳細については添付文書をご覧ください。

更新情報

[添付書類変更のお知らせ]
2017年3月 pdf
添付書類を変更しました
[添付書類変更のお知らせ]
2014年8月
添付書類を変更しました
2012年7月
2012年6月の添付文書を基に作成しています。

ページのTOPへ