僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善

dsピモハート®錠 1.25mg/2.5mg

犬用慢性心不全改善剤 動物用医薬品・指定・要指示

製剤写真 1.25mg

dsピモハート®錠 1.25mg

  • 拡大写真
微黄白色
剤形
大きさ
直径:7.0mm 厚さ:2.0mm
添付文書
pdf(138kb)

製剤写真 2.5mg

dsピモハート®錠 2.5mg

  • 拡大写真
微黄白色
剤形
大きさ
直径:8.5mm 厚さ:3.0mm
添付文書
pdf(138kb)

セミナー情報

  • 獣医循環器講演会 全国11ヶ所で開催決定

dsピモハート®錠の発売を記念して全国11ヵ所でのセミナーの開催が決定しました。
開催地・日程などについては、こちらをご覧ください。

■横浜講演の詳細が決まりました。
日時:2016年12月11日(日) 13:30受付開始
会場:パシフィコ横浜
プログラム:「僧帽弁閉鎖不全症の最新外科治療」、特別講演 「慢性心不全の診断と治療アップデート」
>>詳細・お申込については、こちら(PDF)をご覧ください。

■東京講演の詳細が決まりました。
日時:2016年12月18日(日) 13:30受付開始
会場:東京コンベンションホール
プログラム:トピックス「心疾患ではなぜ膵炎が多いのか−D ダイマーを測定してみて−」、一般講演「犬の僧帽弁閉鎖不全症におけるトラセミドとピモベンダンの使用について」、特別講演 「慢性心不全の診断と治療アップデート」
>>詳細・お申込については、こちら(PDF)をご覧ください。

製剤詳細

  • 小さいサイズで飲ませやすくて扱いやすい!
特 長
1)1.25mg、2.5mgのラインナップで、小型犬から中型犬までこの2剤形でカバーできます。
2)小さいサイズで飲ませやすいので、飼い主様にとって、毎日の投薬が楽になります。
3)薬剤コストの低減により、飼い主様の服薬コンプライアンスを高めます。
組 成
1.25mg錠 :1錠(110mg)中ピモベンダン1.25mgを含有
2.5mg錠 :1錠(220mg)中ピモベンダン2.5mgを含有
効 能
効 果
犬:僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善
体重1kg当たりピモベンダンとして0.25mgを1回量とし、1日2回、朝夕おおよそ12時間間隔で経口投与する。尚、体重別には以下の投与量による。(1.25mg錠及び2.5mg錠を組み合わせた場合)
[dsピモハート®錠 投与量]
包 装
1.25mg錠 :100錠(10錠PTP×10シート)
2.5mg錠 :100錠(10錠PTP×10シート)

ページのTOPへ